CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
NEWS
■【ivory no.01】完売御礼☆ 
重版検討中です♪


■ケータイで小説・短歌読んでみない?
「はち*たま」
↓ココダヨ!!↓


題詠blog2009 に参加してます!

NEW ENTRIES
LINKS
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
AUTHOR
著者近影090510

hachico / 井手蜂子 
鹿児島県出身
短歌ユニット【ivory】やってます。

自由を求めて歌う風のように、
踊る水のように、流れて、
ゆくこと。
PROFILE & CONTACT
TO READ MORE

Shopping
OTHERS
▼Search this site
qrcode
(C) 2008 hachico. All rights reserved.
リンクフリー/無断転載禁止

サイトのタイトル

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | |
【掌編】 falling
  ねえ、みんなどうしちゃったの。
 人は幸せでないと生きられない、なんて誰が決めたのさ。


 なんちゃって。
 このビルは丸ごと本屋になってて二階は文芸フロアになってて、私は息苦しくて仕方がなかった。クリスマスシーズンだから店内には陽気に「ジングルベル」なんかが流れているはずなのだけれど、突然、世界のあらゆる雑音が消え気管を塞ぐような静寂が押し寄せる。大勢の人で賑わっていたフロアでいつの間にか、私はたった一人で立ち尽くしていて、まるでフロアごと満タンに海水で満たされているような息苦しさ――(水圧?)。
 私の金縛りを解いたのは、レジカウンターの上部に掲げられた店員手書きPOPの言葉で、「うまくいってる?」
「行く訳ねえだろ、ばーか、」と私の目が醒めて、ただあなたを待つ時間を消費する為に訪れたその本屋から出て行くきっかけとなったのでした。



続きを読む >>
| 散文/詩 | 11:59 | comments(3) | trackbacks(0) | |
【掌編】婚姻届
 ぽこりと膨れたお腹に手をあてて彼は言う。
「食べ過ぎじゃね? 何が入ってんの」
「春奈ちゃん」
「…うんこに名前をつけるな」
「違うよ、本物だもん…昨日病院に行った」
彼はしばらく沈黙する。

続きを読む >>
| 散文/詩 | 10:57 | comments(2) | trackbacks(0) | |
【掌編】血滴子異聞
  時は清朝・雍正帝の頃、皇帝は質素・倹約を旨とし世の乱れた風紀を正す善政を敷く一方で、政策に逆らい贅を好む官吏、私財を貯めこむ地方官については隠密を放ち徹底的に弾圧した。
 皇帝直属の名もない隠密集団は、その圧倒的な暗殺能力からいつしか「血滴子」と呼ばれ恐れられるようになる。


続きを読む >>
| 散文/詩 | 18:12 | comments(0) | trackbacks(0) | |
世は事もなし
神、空にしろしめしこの世は愛で
はない何かに動かされてる




なぐさめを求める君に教えてあげよう。
どんなに手のひらをかさね合わせても、
どんなに唇をむさぼり合っても、
この地球にあるのはただ二兆一千九百トンのカーボン。
この温もりは、熱は、世界の一部だ。

そのうち天から三本の矢が降って、僕は死ぬだろう。
真実を話して、かみさまを、ひてい、したから。
…じゃあ、僕を殺したのは誰なのだろうね(笑)
覚えていて欲しい、この引力が、エネルギーが、
僕の一部だ。


| 散文/詩 | 21:46 | comments(0) | trackbacks(0) | |
sweets
 デザートのような人生。
 を送りたかったのだ、彼女は。デザートといっても、家族でちゃぶ台囲んだ夕飯の後に出て来る、ステンレスのボウルに放り込まれた洗いざらしの苺ではなく、居酒屋で決まって若い女が注文する寸胴のハニー・トーストのバニラアイスクリーム添え、でもなく。
 新田世津子(源氏名はエミリ☆)は、Mの字に曲げた足の間にある少年の頭を撫でながら思った。イメージはある、あれだよ、あれ、この前美容室で渡された雑誌に載ってた、あの写真。ゼリーだかムースだかが幾層も重なって虹のような色を作り、降り積もったばかりの雪のような生クリームと、楽園を思わせる鮮やかなベリー系の果物が添えられた、あれ。世津子(名刺にはエミリ☆)はその食べ物の名前を知らない。それ故、彼女はデザートのような人生など手に入れることが出来る筈が無い。
 少年の舐める部分で、カルピスの味を感じ、彼女は笑った。クリトリスは味蕾を持たないのに。カルピスの「味」? 自分のロマンチックな想像を嘲るように笑った。
 直後に、クリトリスが味蕾を持たないことを、ひどく不自然に思った。
 一方、世津子の足の間に顔を埋めてた少年は、退屈そうな彼女の様子に気付いて身を引いた。彼女の嫌いなもの、例えば間延びした性行為。彼女の好きなもの、手料理よりはレストラン、映画館よりはテレビドラマ、動物園よりもTDL、中年男性よりも中学男子、これが本日10月15日現在、少年の知る新田世津子の全て。
| 散文/詩 | 11:39 | comments(1) | trackbacks(0) | |
| 1/1PAGES |